我が家には私の車(Benz C180K Stationwagon 03)と嫁さん用(Opel Astra Wagon Comfort '97)の2台あります。チャイルドシート(ベビーシート)はどうしても2セット欲しくて、子供が生まれた時はレーマーのベビーセーフとBMWのベビー シーツ クラス0+を買いました。特にBMWの製品は子供をベビーシートに乗せたまま、BMW車のバギーに直接取り付ける事ができて非常に便利でした。生 後9ヶ月ほど過ぎてからはBMWのジュニアシーツ クラス1−2−3を購入しました。これで、体重36キロ、12歳頃まで大丈夫です。このほかにレーマー 社のキングクイックフィックスも買いました。BMWのはそのまま使えるのですが、レーマーの方は小さくなったので、さて次は何を買おうかとドイツのサイト でいろいろ調べたところレカロでもチャイルドシートを販売している事がわかり、レカロ スタートというものを買いました。これで36キロ、12歳まで使え ます。これで後はチャイルドシートで苦労することはないでしょう。

私が買ったチャイルドシートは全てドイツ製です。最初は日本製も考えたのですが、まず第一に安全性を考えた場合、日本メーカーの製品は安全性よりデザイン とかクダラナイアクセサリーのようなもので付加価値を高めて高価で販売しているのが沢山あり、日本製チャイルドシートは選択の余地ががありませんでした。 日本の安全規格は役所とメーカーの共同作業で、メーカーに都合のよいように作られたもですので、チャイルドシートの歴史のあるヨーロッパのように安全な製 品を作るという思想が全くありません。
買うのであれば日本の規格をクリアーしてなくても、欧州の安全規格をクリアーしているものを買ったほうが良いというのが私の結論です。


カタログタイプはスムースブラック(Smooth Black)という黒い布製です。植毛みたいな感じで非常に肌触りがいいです。
右の写真は後ろから見たもので、見やすくするために布のカバーを上に持ち上げたものです。アルミフレームがしっかりしています。フレームに10個の穴があ ります。つまり10段階に背もたれを伸縮できるということで、子供が大きくなるたびに少しずつ伸ばせます。また、サイドパッドの幅も上記写真のフックを 引っ張って幅広くすることも可能です。

このような箱に入って送られてきました。 写真右は別途買った

商品番号は「322.00.0618」、スムースブラックですね。

箱の注意書きです。同梱で複数語で取扱説明書が入ってましたがあまりにもアバウトな説明で困惑しました。できることなら、本国で同梱しているドイツ語の取 扱説明書が欲しいです。一般的に輸入品は日本語で書かれた説明を読んでイマイチ理解できないときはドイツ語か英語を読むと納得するケースが多々あります。 下手な翻訳の日本語説明書を同梱するんだったら本国の説明書を入れて欲しい。

W203に取り付けた写真です。取り付けたと言っても、単にシートに乗 せただけ。子供が座ってシートベルトをすると固定されるだけです。非常に機能的です。
このチャイルドシートの特徴は、子供の成長に合わせて背もたれが伸縮し ます。また座面も伸ばす事ができます。足が長くなると座面の長さを調整できるのは大変便利です。
また、肩のパッドも成長にあわせて横に広げる事が可能です。
一番使いにくいのはリクライニング機能、いまだに上手にワンタッチでで きません。
価格ですが、ネット通販を調べましたがどのサイトもメーカー談合したよ うに同価格。以前、正規輸入のリモヴァやゼロの旅行ケースの値段を調べたときにも右揃えの同価格でした。
いろいろ調べたあげく、結局、送料が無料のレカロ・ジャパンから定価購 入しましたが、最近は直販はしてないようですのでネットで安いところを探してください。
レカロジャパン http://www.recaro.jp/